QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
ちかねえ
ちかねえ
目に見える事だけが全てではない。
最近、この言葉の意味がよくわかってきたようなきがします。
日々の気づきを書きこんでいってます。遊びにきてくれてありがとうございます。

2010年05月17日

私の音楽活動の原点

ウン十年昔の私の姿です
多分15歳位。
当時の人気番組ヤングおーおーのリハーサル中の貴重な一枚です

思えばこれが私の音楽活動が日の目をみだした頃です

小さい頃から人前で何かをするのが大好きで、近所の寝たきりのおじいちゃんおばあちゃんの枕元で毎日歌っていました。(*^-^)b

かなり皆さんにご迷惑をおかけした事と思います

中学三年生の時に深夜放送のヤングタウンの土曜日の公開録音で“7週勝ち抜きのどじまん”というコーナーがあり、何度目かのトライで7週勝ち抜きグランドチャンピオンとなりました。
それがきっかけとなり、アコーディオン奏者の山本俊二先生に歌の先生を紹介してもらい、毎週日曜日は豊中にある作曲家の高松伸光先生のお宅にレッスンに通っていました。

暑い日も寒い日も、歌が歌えることが嬉しくて、片道二時間半の道のりも、
全然苦にはならなかったです。
ある日、ヤングおーおーに出るUFO5というグループの女子が辞めるので、
ひとり入れる為のオーディションがあるというのでノコノコ受けに行ったら30人位来ていたので、
こりゃ駄目だなと思っていたら、最終まで残りついには私が選ばれた!
その日のうちに衣装の採寸、振り付けを覚えさせられ、なんだか知らん間にテレビに出ていたのです。
母は私を宝塚に入れたかったらしく、小さい時からバレエを習わせてくれました。
その甲斐あって、ダンスの振り付けは直ぐに覚えられて、まさに人生全てに無駄無しです!
芸人さんにもずいぶん可愛がっていただきました。

桂三枝さん、林家小染さん、八方さん、きん枝さん、文珍さん、Wヤングさん、新人だったオール阪神巨人さん等…

芸能界の裏事情を垣間見た時期でもありました。
私もまだまだ子供だったので 目に映るもの全てが新鮮で
とても充実した毎日でした。

この当時の所属事務所は宗衛門町にあったタレントバンクという事務所で
演歌歌手の方やマジシャンや、いろんな方がいらっしゃいました。

みなさん今はどうされているのかなあ

社長はヤングオーオーやてなもんや三度笠を作られた放送作家の中田昌秀さん
(5月1日逝去)でした。

ヤングおーおの写真はこの一枚しか残っていません。

私の宝物です

しかし。。。15歳にしては老けてるなあ。。。。  

Posted by ちかねえ at 18:02Comments(6)sing!